ホーム > 学科案内 > 調理科

学科案内

調理科

調理科|食育の科目がさらに充実!調理科は県内初の厚生労働大臣指定の調理師養成施設として1972年にスタートしました。三年間、調理技術・理論を深く学ぶ学科です。

調理科では、卒業と同時に調理師免許(国家資格)が取得できます。

調理科は、バランスのとれた職業人としての
調理師を育てることを目標にしています。

「食育(学校設定科目)」をさらに充実させ、「食」に関係する様々な体験と学びを提供します。●料理教室●料理教室●食と農業●地域の伝統食

調理科は、バランスのとれた職業人としての調理師を育てることを目標にしています。

佐利杯|調理科では年に1回校内料理コンテストを行っています。

3年感謝の会|3年生では、3年間の感謝を込めて保護者へ料理を振る舞います。

授業外にも様々な活動を行っています|授業以外にも、菓子講座/紅花染め体験/平清水焼教室/マナー教室/日本一の芋煮会/インターンシップ/食フェスタ/親子料理教室など様々な活動を行い、「食」について学んでいます。

先輩や先生に、情報科のこと聞いてみました!

【調理科】

佐藤 健人先生

調理科では調理実習のほか、田畑での食育活動や、料理コンテスト、企業での就職体験など、様々な経験を積み、調理師免許取得のため日々学んでいます。もちろん実習では、実際に調理現場でご活躍されているプロの料理人の技を目と耳で学ぶことができます。それを班で協力して作り試食し、料理の楽しさや、難しさを皆で分かち合いながら探究心や、協調性を高めています。

【調理科】
一年
中山町立中山中学出身

奥山 情香さん

私は、調理師になるために調理科に進学しました。調理実習では、先生の説明を聞きながらしっかりメモをとり、それを参考にしながら4人1班で行っています。実習や専門科目の授業を受ける中で、分からないことがあればその都度、先生方に質問し、教えていただき、その場で理解できる環境があるのでとても楽く学ぶことができます。また、学習のほかにも部活動や友人との時間も大切にできる学校なので、毎日楽しく高校生活を送れています。

カリキュラム

カリキュラム

親子対談|親と子から見る、山形学院高校

山形学院高等学校